topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せな時間 - 2017.02.25 Sat

P1010098 400

小さな 豆粒が
小さな 芽を出し
小さな 葉を付け
小さな 根をだす

小さな 一粒は
大木の陰で 風や日差しに守られ
朽ち果てた 古木から命を受け継ぐ

そして 育てられ 守られているはずが
生きる英知を与えられているのは
大木だと知る

与えられることが どんなに幸せなことなのか
あなたたちが 教えてくれた


(写真は 最愛の孫たち)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 今読んでいる本

 透明な旅路と  あさのあつこ
(気持ちが少し萎えているせいか ホッとする本 暖かくなる本を求めている気がする。
あさのあつこさんの美しい言葉の響きが 寝入りの胸をそっとなでてくれるのす…… おやすみなさい)



 


スポンサーサイト

● COMMENT ●

お久しぶりです。
パソコンがおかしくなって、
履歴の人の記録がすべて消えて、真っ青に。だから来てもらって、
やっと見つけたという感じですね。
未だに、ブログに来てもらえない人も、多々あると思います。
私が行っていないので、変に思われているかも?ww
ま、仕方がないです。

で、詩、少し変わった気がします。
夜の月明りから、朝日のダイヤモンドヘッド の、眩い光のように。
大変身ですね。少しの間に・・びっくりです。

ブログを始めて、少しずつ、自分らしく、
自分だけの詩を書きたいと。
目標は、あくまで金子みすゞさんです。
書きたくても、書けないの悔しいですが・・
逆に、金子みすゞさんは、私の書く詩を、書けないと思えばいいのだと。
いい意味で、開き直って、下手でもいいから、心の中を、素直に、正直に、
ありのままを書きたいと。思っています。

詩人の詩は、難しいです。
金子みすゞさんは、わかりやすいです。
心が優しく、視線の先には、弱いもの、憐れみを、慈しみをいつも感じます。
そんな詩が書きたいですね。ではでは。。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sara628.blog.fc2.com/tb.php/92-1f396106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

失ったもの «  | BLOG TOP |  » いつも そばに

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

沙羅(さら)

Author:沙羅(さら)
・自然が好き 詩が好き カメラも好き 花を育てるのも好き。日々こころに響いたことがらを マイペースで綴っていきたいと思います。
(写真はぺんぺん草の花)

・トップの写真は 朝露

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
自作詩 (43)
日々のこと (14)
好きな本 (6)
写真 (6)
園芸 (10)
エッセイ (2)
過去詩 (1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。