topimage

2015-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題 - 2015.09.14 Mon

公園の片すみで 笑う子供たちの歓声 
一度目は 引き寄せられ みんなが振り返る
二度目は 高い木を伝って 空にすいよせられ
また 舞いもどり 
三度目は 声は空と地面の間の 住人となり
 
やがて 大人は それを風景の一部とする

だが 

子供に戻った 年寄りの うつろな目は 
カサカサな肌に浮いた しわのかずだけ
どんな時にも 何をしていても
追いかけてくる
逃げようとするほど ねばる蜘蛛の糸

一度 ふりかかると 
休まず果たそうと 
重い石をひとりで抱えて
歩き続ける 優しい人たち

今日だけ
今日だけ 石をおろして・・・だなんて

心のバランスの片側に 
それが あるのだから


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 今読んでいる本

・ 夜のだれかの玩具箱    あさの あつこ
( 短編集は苦手なんだけど やっぱり あさのあつこさんの心に沁みる表現はいいなぁ。
と、3/1位過ぎてから あれ これは一度よんでるぞ、と気が付く。
好きな本なら何度よんだっていいのに と思うのだが 気持ちは他の本に向いてしまう )

・ きみの友だち   重松 清

・ とんび   重松 清
( この方の本は しばらくはまりそうです )

・ カシオペアの丘で  重松 清

・ 十字架  重松 清

・ 卒業  重松 清

(一人の作家の作品をこんなに続けて読み漁るのは 初めてのことだ。 少年の時に受けた傷 与えてしまった傷を
大人になってまで引きずっていくというストーリー展開。 いったいこの人はどんな少年時代を生きてきたのだろうと思う)






スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

沙羅(さら)

Author:沙羅(さら)
・自然が好き 詩が好き カメラも好き 花を育てるのも好き。日々こころに響いたことがらを マイペースで綴っていきたいと思います。
(写真はぺんぺん草の花)

・トップの写真は 朝露

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
自作詩 (43)
日々のこと (14)
好きな本 (6)
写真 (6)
園芸 (10)
エッセイ (2)
過去詩 (1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。