topimage

2015-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・ - 2015.03.31 Tue

花120070817_0000


あなたが 川だとしたら
私は 水辺に揺れる 小さな花
水が奏でる調べと
なげかける 飛沫が リンリンと
心地よい 眠りにさそう
深い混沌の夢の中に そだつもの
それは きっと ・・

いくつかの季節が過ぎて 
流れはうねり
ひび割れた 川床が虹色の腹を見せて
いっぱいに満ちていた 光
ひとつ ふたつ と 消えていく

遠い昔を たどるような
穏やかな おだやかな 日々の端
深い記憶の根の中に

 生きている ・・



...............................................................................................................................

なぜか急に生まれた言葉たちです
写真は全然撮ってないので そぐわないながら以前の物を使いました

読み終わった小手毬 るいの 「空中都市」という本の中に
―どんな恋でも 最後は結局片思いになる。たったひとつの例外もなく。なぜなら人は必ず死ぬのだから。あとに残されたものは、片思いの恋をすることになる―
というフレーズがとても印象に残っていて それでできた詩だと思います
最初の写真は あまりに暗いので変更いたしました^^


スポンサーサイト

君住む島 - 2015.03.16 Mon

日の出


君すむ島に 映るのは なに?
君待つ胸に 宿るのは だれ?

君すむ島に 近づいて そっと覗いてみると
数えきれない あきらめと
生まれたままの不安と
謎の形の道具が 不思議
おしゃれとは遠い 布たち
あまりに無垢な やさしさが 
幾重にも 幾重にも
とまどうすべてのものを からめとる

今日は お天気いいね
ああ・・・
トランプやろうか
ああ・・・
外に行く?
ああ・・・
なにが食べたい?
なんだろなぁ・・・

人はこうして
一つ階段をおりるたび
なにかを 失って
そして どこかに戻っていくのだろうか

泣きべそかいた子の頭をなでる手
その 大きな手は
君の背中にある

それは紛れもなく 大きな愛だと
信じたい

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

沙羅(さら)

Author:沙羅(さら)
・自然が好き 詩が好き カメラも好き 花を育てるのも好き。日々こころに響いたことがらを マイペースで綴っていきたいと思います。
(写真はぺんぺん草の花)

・トップの写真は 朝露

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
自作詩 (43)
日々のこと (14)
好きな本 (6)
写真 (6)
園芸 (10)
エッセイ (2)
過去詩 (1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。