topimage

2014-11

大切な時間 - 2014.11.23 Sun

水玉2


年に一度 声がかかって会う友人
私の方からは連絡はとらない
今ね 1時間だけ時間がとれたの あえないかな~
ちょっとまってて すぐいくから
洗濯の最中だろうが アイロンかけの最中だろうが
たいていの家事は放り出して エプロンを外してかけつける
あぁ、元気だったんだね~よかった。
化粧っ気のない顔に 膝の抜けたパンツ 
帽子を目深にかぶって 飾らないいつものスタイル
脇においた パンパンのリュックに
詰められるだけつめた荷物
小さな肩に 折れるほど食い込んでいる
いやー 無理しちゃうんだよねー と笑う
ちょっと痩せた?
ちゃんと食べてる?
その後 状況はどう?
聞きたいことは 山ほどあるけれど
誰にも負けない とびっきりの笑顔
それがあれば大丈夫
きっと あなたは 大丈夫
短い時間を惜しむように
別れ際に
何度も振り返る  


彼女は 要介護5のおかあさんと障害1級のご主人の面倒を見ながらヘルパーをしています
日中は仕事 夜は娘をおかあさんと呼ぶ母親の傍で寝て1時間おきに起こされる生活
どんなに眠くても まだ一緒にいたいというその強さは いったいどこからくるのでしょう
ヘルパーはね 私の息抜きなの と明るく笑うその笑顔に 無理しないでねと祈るばかりで
かける言葉なんてありません


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  今読んでいる本
 
 ・ スノーホワイト 谷村志穂
 ・ 誰か  宮部みゆき
 ・ 湖底の森  高樹のぶ子
 (なんとなくどの本にも入り込めないまま 放浪しています。この季節気持ちが落ち着かないのかも~
 というか 控えている行事がもめているせいもあるかな。)



スポンサーサイト

知床へ - 2014.11.05 Wed

知床へ行ってきました。 といっても もう2か月近く前のことです

夕陽1

夕陽2

夕陽3

ホテルの窓に顔をくっつけて ただ夕日が海に落ちていくのを見ていました
友達のおしゃべりをBGMにして ただぼんやりと・・・。
ああ、こういう時間を持つのって 久しぶりの感覚です

今年は 本当にいろんなことがあって 気持ちの整理がつかないままに新しい事柄に振り回されて
という一年でした。
歳を重ねるって こういうことなんだなぁ
などと感傷にふけっていました

知床5湖

いつか 行くぞ! と思いつつ やっと叶えた知床旅行
ふたを開ければ 雨 雨 雨&強風!
(天気にも嫌われたみたい)
でも 今までで 一番グレイトウなホテルで 腹12分目まで食べた美味しいお料理に
(まぁ いいっかぁ・・・)

知床5湖は息も出来ないほどの強風!
湖の向こうには 鋭角な山並みが見えるはずなんだけどねぇ
今頃は 白い帽子を被っていることでしょう


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  最近読んだ本
・ 「いつか陽のあたる場所で」「すれ違う背中を」「いちばん長い夜に」  乃南 アサ
・ 弘海 -息子が海に還る朝  市川 拓司
・ 明日の記憶  萩原 浩
  
 ( 読む本の傾向は 現在の気持ちの在りように反映されるものだなぁ~ とつくづく。)


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

沙羅(さら)

Author:沙羅(さら)
・自然が好き 詩が好き カメラも好き 花を育てるのも好き。日々こころに響いたことがらを マイペースで綴っていきたいと思います。
(写真はぺんぺん草の花)

・トップの写真は 朝露

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
自作詩 (43)
日々のこと (14)
好きな本 (6)
写真 (6)
園芸 (10)
エッセイ (2)
過去詩 (1)