topimage

2013-06

君に - 2013.06.18 Tue

草も 木も 土の暖かさも

風の匂いも

足もとに光る 夜露だって

みんな ふれさせてあげる


君はわがままで 

気まぐれで

泣き虫で

一人では 何にもできないけれど



とびきりの笑顔で

笑いかけてくれる

君が好きなんだ



いつだって

君のえがおが みたいから





極上の幸せ


 今読んでいる本

いねむり先生  伊集院静
    (作者の自伝的小説。ある作家とギャンブルを通じて深く関わっていくうちに壊れかけていた精神が癒されていくというお話。悪夢のような超現実な出来事が覚醒している状態で実在で現れる恐怖というのはどういうものなのだろうか。人は誰しも強さと弱さ、明と暗、表面に置きたい部分と隠したい部分を持っているものだが影の大きくなると崩壊の道をたどっていくのだろうか。実際の人物いねむり先生の本(狂人日記 色川武大)を読んでみたいという興味が湧いたが少し恐い)

スポンサーサイト

旅を終えて - 2013.06.09 Sun

聖堂


夢追人のように
空に漂い 
地に彷徨う

心揺さぶる言葉など
私には
何も語れないかもしれない

でも

春風のように優しく 肌にふれる言葉より
肌を突き通す まなざし
あなたの真実に ふれていたい

そんなときもある


わたし自身であるために
また ここから 1歩づつはじめよう





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

沙羅(さら)

Author:沙羅(さら)
・自然が好き 詩が好き カメラも好き 花を育てるのも好き。日々こころに響いたことがらを マイペースで綴っていきたいと思います。
(写真はぺんぺん草の花)

・トップの写真は 朝露

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
自作詩 (43)
日々のこと (14)
好きな本 (6)
写真 (6)
園芸 (10)
エッセイ (2)
過去詩 (1)